マドリードLavapiés地区 / Hola Coffee

朝昼夜、食事毎に欠かさずコーヒーを楽しむ人が多いスペイン。首都マドリードには地元のおじさん達が集まるような昔ながらのクラシックなカフェから、観光客もふらっと入りやすいモダンカフェや他ジャンルと組み合わせたハイブリッドカフェまで様々なコーヒースポットが点在します。

そんなマドリードから今回ご紹介するのは、Lavapiés地区のHola Coffee。

このブログでも度々名前の上がるLavapiés地区は、アートカルチャーが面白く人気グルメスポットやカフェも集まる言わば遊びエリア。Hola Coffeeは同地区の多目的公園Plaza Autosostenida- Esta Es Una Plazaのすぐそばに位置します。

入り口入って右手にカウンターがあり、最初にここでオーダー&支払いを済ませます。

鮮やかなブルーのタイルが可愛い。

カウンターに並んであるスイーツ類の他に温かいトーストなどもメニューに載っています。また、コーヒー豆やTシャツ・トートバッグといったオリジナルグッズも販売中。

(公式サイトから写真を拝借↓)

Image: Hola Coffee

Image: Hola Coffee

旅行中に立ち寄った際のお土産に良さそう。

店内の内装はというと所々壁が剥げていたり、どシンプルな家具とアートの組み合わせで生まれた頑張り過ぎない空間がなんとも居心地よい。(それに窓枠もステキ!)

今回はスモールカプチーノをオーダー。

あと、アボカドトーストも。ここのアボカドトーストかなり美味しいのです。

そういえば、サラダでもトーストでもたっぷりのオリーブオイルを回しかけるのがスペイン流。「オリーブオイル=ヘルシー」という印象が、「こんなにも美味しい調味料だったのか!」と変化したのはこっちに来てからです。小さめの瓶や缶に入ったものもあるので、持ち運びに余裕があればオリーブオイルお土産にオススメです。

話が逸れましたが、この日は夫と一緒だったのでトーストの後にシナモンロールをシェア。

温め直してくれたようでグリルパンの跡がクッキリ。スパイスが効いて美味しかったです。

ちなみに、このカフェではバリスタのコース?ワークショップ?があるらしく夫はどうやら興味深々の様子。たしかに自宅で本格的なコーヒーが飲めたら最高だな〜。

Hola Coffee
Calle del Dr. Fourquet, 33, 28012 Madrid, スペイン
平日8:00〜20:00、土日9:00〜20:00

Sharing