ドイツはケルン発、サステナブルなファッションブランド「pinqponq」

「pinqponq」というブランドをご存知ですか?ネイビーと赤のドットがトレードマークのドイツ発サステナブルなファッションブランドなのですが、近年ヨーロッパのセレクトショップで必ずと言っていいほどここのアイテムを目にします。

私はベルリン在住時に出会い、「こんなイケてるサステナブルなブランドがあるんだ!」と衝撃。そこで、2年前には友人のウェブメディアClair mugでも紹介させてもらいました。

ドイツはケルン発pinqponqが取り扱うのは、主にバッグやアクセサリー。スタイリッシュかつ機能的なデザインには100%リサイクルPET生地が使用されていて、倫理観から動物の毛皮などは一切不使用。動物福祉組織PETAによりヴィーガンブランドの承認を受けています。

とりわけ人気なのがバックパック。

2020/2021 AWコレクション / pinq ponq

どのシリーズも内側には細かい仕切りのポケットなどが設計されていてオーガナイズしやすさに定評があります。黒やグレー、ベージュといったニュートラルカラーが定番の中、シーズンによってはカラフルな限定色も登場。こちらは2020/2021 AWコレクションより。

2020/2021 AWコレクション / pinq ponq

2020/2021 AWコレクション / pinq ponq

2020/2021 AWコレクション / pinq ponq

シンプルだけどエッジが効いた革新的なデザインは、アート、建築、音楽、ファッションといった様々な分野から着想を得ているそうです。また、トレードマークであるドットは、ネイビーが機能性・持続可能性・技術を、赤がエモーション・インスピレーション・革新を象徴。対極にあるようで、どちらの資質も互いに引き付け合い、作用し合っていることが表されているようです。

私が愛用してるのはヒップバック「Nik」シリーズのRye Khaki。

スマホとミニ財布だけでパッと外出する時に丁度いいサイズ感と、カーキとベージュの中間のようなくすみのある落ち着いたカラーが気に入っています。

本当はバックパックも欲しいのですが、かれこれず~~~っと悩みっぱなし。かっちりしたフォルムもいいし、口の部分が折りたたまれたタイプも可愛いな・・・と優柔不断になってしまい決断できずにいます。普段の生活でバックパックの出番がなかなかないので、そもそも使うかな?という心配も。まだまだ悩む時間は続きそうです。最近は日本にも取り扱うお店が出てきてるようですので気になる方はぜひ。

pinqponq 公式サイト

Sharing